大会スタッフの紹介


伊豆半島ジオパークの面白さをもっとたくさんの人に知ってもらいたい!

スタッフ一同、その熱い思いで昨年からこの大会準備を進めてきました。圧倒される絶景、不思議な自然物、面白い建造物など、ポイントには地元愛と地図読みノウハウがいっぱい詰まっています。皆さんに楽しく安全な一日を過ごして頂けるよう頑張ります。

 

鈴木雄介 大会運営リーダー

伊豆半島ジオパーク推進協議会事務局 選任研究員

三島出身で伊豆は昔からの遊び場。火山活動やらプレート運動やらのせいで、あちこちにびっくりするような景色があったり、その上にいろんな形の人の暮らしがあったりと、伊豆のすみずみまで楽しくてしょうがない。秘密のおすすめスポットをみなさんに教えてしまうのは惜しいがしょうがない。ぜひ楽しんでください!


鷺坂豪大 大会運営リーダー補佐

伊豆半島ジオパーク推進協議会 企業・学術連携担当

伊豆半島ジオパークの一番北側に位置する長泉町出身。数年前まで民間の会社に勤務していたが、2015年4月に事務局に。事務局の最年少だが最近メタボ気味。

 


小原久典 大会ディレクター

アドベンチャーディバズ株式会社 財務管理担当

長期にわたる北米在住経験で、仕事にも遊びにもダイナミックな発想が得意な国際派。

伊豆半島には10年以上前から足しげく通い、ハイキングやキャンプ、カヤック、農作業手伝いなど通じ地元と関わりを深めている。ここにロングトレイルをつなげるのが長年の夢で、古道や廃道を歩くことも多い。料理が趣味。

 


小泉成行 競技ディレクター

O-SUPPORT 代表

愛媛県出身。オリエンテーリング世界選手権やワールドカップ等に日本代表として何度も出場。 2010年には念願のアジア&日本チャンピオンに輝き、ロゲイニング世界選手権にも出場。地図読みの面白さを世の中にもっと知ってもらいたいというミッションのもと、各地の読図講習会や企業の野外研修にて講師としても活躍中。

 


飯田雅人 事務局スタッフ

伊豆半島ジオパーク推進協議会 保全担当

伊豆半島で生まれ、伊豆半島で育つ。大学、社会人と1度は地元を離れるが、地元の自然を忘れることができずカムバックを果たす。

 


北村ポーリン 大会運営アドバイザー

アドベンチャーディバズ株式会社 代表

カナダ出身の日系3世。母国語は英語。アウトドアで遊ぶこと、冒険することが大好きで、好きが高じて9年前にアドベンチャーディバズを設立。伊豆半島とはアドベンチャーレースやディバズのイベント開催などで縁が深い。本大会の立ち上げにあたり、オリエンテーリング界と地元をつなぐ橋渡し役として大きな役割を果たした。

 


大坂規久 大会現地アドバイザー

伊豆半島ジオガイド(函南三島エリア)

富士山のふもとの富士市で生まれ育ち、その後函南町に移り住む。地元の函南町や伊豆半島、富士山のフィールドでジオパーク活動や写真撮影、道祖神探しなどで、知的好奇心を満たし、ネットワークを増やすことが楽しみ。かんなみ仏の里美術館の仏像もガイドしている。

 


村越真 技術監修

静岡大学教授

日本オリエンテーリング協会 業務執行理事