驚きの伊豆半島、探検しよう!

伊豆半島ジオパーク・ロゲイニング大会

伊豆半島ジオパーク・ロゲイニング大会は、そのユニークな地形と地質、そして素晴らしい自然を自分たちの足で回って発見してもらいたいという発想から、ジオパーク専門家と火山学者、オリエンテーリングのトップ選手が集結したエキスパートチームが、知恵と知識を持ち寄って企画を練り上げました。第4回となる2019年大会は、いよいよ伊豆半島の一番南端、南伊豆町エリアでの開催となります。

 

伊豆半島は、南の海から動いてきた大地と、その上に作り出されたダイナミックな地形が自慢です。今大会の舞台となる南伊豆町エリアは、伊豆半島の最南端に位置し、リアス式海岸の複雑な海岸線を有する沿岸部の変化に富んだ美しい風景が訪れる人の心を捉えます。また温暖な気候と南国のような四季折々の花々、点在するいくつもの温泉や内陸部ののどかな田園風景も南伊豆の魅力です。石廊崎や弓ヶ浜など人気の観光スポットも多く抱え、海の幸山の幸を味わうのも南伊豆の楽しみのひとつ。そして他の伊豆半島エリアと同様、過去の火山活動の名残となるジオサイトが点在しています。今回も初心者からエキスパートまで楽しめるコース設定で、南伊豆町エリアの魅力的な「ビューポイント」や、その地域の歴史や文化を感じさせる場所をピックアップ。地元の特徴を活かした遊び心あるポイントもあります。

 

なお、都内からのアクセスを考え、前日から現地入りして南伊豆を丸ごと楽しんで頂けるよう、前回の西伊豆大会に引き続き、今回も日曜日の開催となります。また路線バスの利用もOKなので、走力に自信がなくてもお子さま連れのチームでも、存分に競技エリアを楽しんで頂けるようにしています。

 

さあ、あなたも、チームの仲間と一緒に地球の鼓動を体感してみて下さい!

 

2019年大会は、3月17日(日)南伊豆町エリアで開催!

海底火山から生まれた大地

地球に人間がまだ存在しない4000万年前。現在の伊豆半島から、南へ数百キロ離れた深い海底に巨大な火山群が潜んでいました。この海底火山群は、激しい噴火を何度も繰り返し、やがて海面から姿をあらわし、本州と大衝突して今の伊豆半島が生まれました。

ここにしかない珍しい自然

伊豆半島は、地球全体を覆う大陸と海洋プレートのうち、3枚が折り重なる特異な場所に位置しています。このため、伊豆半島にしかない、世界でも非常に珍しいと言われている地形や地質が存在し、地球の長い歴史とその成り立ちを語る貴重なエリアなのです。

 



日程:  2019年3月17日(日)

場所:  静岡県 南伊豆町エリア

種目:  6時間コース:男女混合、男子、女子、4時間コース:一般、ファミリー、ソロ

 

主催:  伊豆半島ジオパーク推進協議会

運営:  アドベンチャーディバズ(株)

後援:  西伊豆町、日本オリエンテーリング協会、静岡県オリエンテーリング協会

 

 大会運営リーダー: 鈴木雄介 /  大会運営リーダー補佐: 小柴宇一郎

大会ディレクター: 小原久典 / 大会ディレクター補佐: 北村ポーリン / 競技ディレクター: 小泉成行


最新情報

2018年10月15日

2019年度大会は2019年3月17日(日)に南伊豆町エリアで開催します!詳細については今しばらくお待ち下さい。



ジオパークとは?

ジオ(GEO)は、地球・大地を表わす言葉で、地層・岩石・地形・火山・断層など、地球が生み出した特別かつ貴重な自然遺産を含む地域のことをジオパークと呼びます。日本には現在43地域のジオパークがあります。日本の中で、そして世界の中でも貴重な景観を持つ伊豆半島は、2018年4月に世界ジオパーク認定されました。

       www.izugeopark.org
       www.izugeopark.org

ロゲイニングとは?

ロゲイニング(ROGAINE)とは地図に記載されたポイントを探しだすオリエンテーリングと宝探しゲームを組合わせたようなアウトドアスポーツです。どのポイントをどういう順番で回るかは各チームで決め、制限時間内でできるだけ高得点を取るのが目標です。走力だけではなく、チームワーク、読図力、そして作戦もロゲイニングの大事な要素で、このスポーツの特徴と面白さでもあります!

FAQ/よくある質問

初心者だけれど参加できますか?

地図が読めなくても大丈夫?

どういう人が参加していますか?

参加するには何が必要?

ロゲイニング大会に参加するにあたって色々な質問をお答えします。